2008年10月15日

ASP.NET JavaScriptで別ページを開く際、値を渡すときの注意点。

 ASP.NETにて、別ページを開くにはJavascriptで「window.open」を使います。

 その際に、別ページへ値を渡したい場合には、クエリ文字列を使って値を渡す方法が楽です。

 クエリ文字列とは、以下のようなものです。
 「test.aspx?test=1」
 test=1の部分で値を渡すことになります。

 ASP.NETでこのように値を渡す場合、渡された方は単純に「Request.QueryString("test")」で値を取得することが出来ます。
 ただし、この場合は全てASP.NETである場合です。

 JavaScriptなどで記述し、値を渡すとき、単に上記のように記述して、ASP.NETのページで「Request.QueryString("test")」で取得しようとしても、文字化けするかまったく取得できないのです。

 それは。。。。。

>>>


続きはこちらから>>


posted by Debring at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET ページ遷移
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。