2008年10月16日

window.open

 JavaScriptで別窓を開く「window.open」。

 オプション指定することで、色々な形で開くことができます。

window.open(URL,"window名",[オプション])


URL
 開くwindowのURL

"window名"
 特に指定する必要が無ければ、nullでもOK。

[オプション]
 省略すると、単なる新規windowとなります。

主なオプションのパラメータは。。。。。

>>>


続きはこちらから>>


posted by Debring at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET JavaScript

2008年10月15日

ASP.NET 動的にJavaScriptをページ内に埋め込む。

 「ASP.NETで別Windowを開く。」などでは、ボタンコントロールの「OnClientClick」プロパティにスクリプトを記述することで、JavaScriptを埋め込む方法をご紹介しました。

 この場合、決まっている動作であれば簡単便利なのですが不便でもあります。
 例えば別ページを開かせる場合などに、その都度変わる値を渡したい場合では、「OnClientClick」プロパティの値をコード上で変更しても、一度ポストバックを発生させなければ変更が更新されません。
 ボタンをクリックした時点では、動作しないのです。

 動的に値が変更される場合、JavaScriptを埋め込んでやる方がきちんと動作しますので、今回はJavaScriptを埋め込む方法をご紹介します。

>>>


続きはこちらから>>
posted by Debring at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET JavaScript
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。