2008年11月14日

ASP.NET DropDownListで選択したときに、ポストバックさせたい。

 ASP.NETでのポストバック(サーバ側へのデータの送信)は、基本的にボタンコントロールで利用できます。

 画面に配置されたボタンをクリックすると、ポストバックが発生し、サーバ側へデータが送信されることになります。

 しかし、ドロップダウンコントロールなど、選択したら直ぐに処理を行いたい場合もあります。
 つまり、ドロップダウンなどで選択したら直ぐにポストバックをしたいということですね。

 このような場合は、非常に簡単。
 ドロップダウンコントロールならば、「AutoPostBack」trueに変更するだけです。

 ただここでも注意。
 ドロップダウンで選択したら直ぐにポストバックされることになり、その都度データが送信されますので、あまり多用すると画面がちらちらすることになります。
 選択するコントロールを画面上に多く配置させているのでしたら、ボタンコントロールなどで一括してポストバックさせる方が、画面のちらつきがなくなりますので、見やすくなりますよ。






posted by Debring at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET DropDownList

2008年10月20日

ASP.NET DropDownListのデータを初期化したい。

 ASP.NETでのDropDownListで、データをバインドさせて選択するデータが表示されているとします。

 バインドさせているデータ自体に変化があり、一度初期化させて再度データを取得してバインドさせたいとします。

 普通にデータセットなどでデータを取得し、そのままのDropDownListにバインドさせても、表示されるデータは追加されないので、ほぼ目的と同じなのですが。。。。

>>>


続きはこちらから>>
posted by Debring at 19:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | ASP.NET DropDownList
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。