2008年12月04日

ASP.NET ファイルをアップロードしたら、ランタイムエラーが発生して、アップロードできない。

 ASP.NETでファイルをサーバ側にアップロードさせる方法は、「ASP.NET ファイルをアップロードする。」でも書きましたとおりです。

 しかし、ファイルをアップロードさせたところ、ランタイムエラーが発生してアップロードできないことがあります。

 サーバ上のイベントビューワを確認したら、「サイズが許可されている制限を越えました」といった内容のエラーが表示されています。

 ASP.NETでのファイルの転送に関しては、ファイルのサイズがデフォルトで4MB以下と制限されているためです。

 実際、4MBを超えるファイルの転送は、Webでは非常に大きなサイズのファイルといえるでしょう。
 しかし、ローカルで使用するような場合ですと、4MB程度のファイルはさほど大きなものと感じないのではないでしょうか。

 パワーポイントなどで作成したプレゼン資料などであれば、直ぐに4MBを超えてしまうでしょう。
 作成文書管理システムのようなアプリを、WEBでASP.NETで作成した場合、やはり4MBの制限はちょっと厳しいのではないでしょうか。

 では、4MBを超えるファイルをアップロードする方法はどうすればいいのでしょうか。。。。。

>>>




無料ホームページサービス「デジデジ」

続きはこちらから>>


2008年10月07日

ASP.NET ファイルをアップロードする。

 ASP.NETでファイルをアップロードする方法です。

 FileUploadコントロールを使用することで、アップロードするファイルを選択することが出来るようになります。

 ただし、実際にアップロードするには、別の仕組みを組み込む必要があります。

 FileUploadコントロールでは、単にアップロードをするファイルを指定するに過ぎません。

 別にボタンコントロールを配置させ、そのClickイベントなりに実際にファイルをアップロードするコードを記述する必要があります。

 配置などに関しては以下の画像を参考に。

<クリックすれば拡大します。>

Sample001-FileUpLoad.jpg

>>>


続きはこちらから>>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。