2008年06月16日

BackGroundWorkerでのバックグラウンド処理。 (参考コード)

BackgroundWorkerを使ったバックグラウンド処理です。

「BackGroundWorkerでのバックグラウンド処理(つまづき→解決 編)」では、別スレッドからコントロールを操作する手段をご紹介しました。

今回は、それを元にちょっとしたプログラムを作成してみました。

内容は、ネットワーク上のコンピュータのホスト名を巡回して検索し、リストボックスに表示させるというものです。

バックグラウンド処理のテストとして作ったので、エラー処理などはきちんと施されていません。
参考程度までに。。。。

>>>


続きはこちらから>>


posted by Debring at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | VB2005 スレッド処理

BackGroundWorkerでのバックグラウンド処理(つまづき→解決 編)

「BackGroundWorkerでのバックグラウンド処理(つまづき編)」では、DoWorkイベントに親スレッドのコントロール操作を記述していると、InvalidOperationExceptionエラーが発生するということを掲載しました。

ProgressChangedイベントRunWorkerCompletedイベントを使って、コントロールにアクセスする方法も掲載しました。

でも、できるだけ自由にアクセスする方法はないものか、自分なりに調べてみました。
一応「解決編」としていますが、根本部分まで理解できたかどうかは。。。。

ただ、できるだけ自由にアクセスする方法は、他には見つからなかったもので。

その方法と言うのは、デリゲート(Delegate)InVokeを使用する方法です。

プログラミングのプロの方には、当然だと思われるでしょうが、初心者にはかなり敷居が高いです。。。。

>>>


続きはこちらから>>
posted by Debring at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | VB2005 スレッド処理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。