2008年06月10日

ドロップダウンで選択できるコンボボックスを利用する。

ドロップダウンして項目を選択できるのがコンボボックスです。

項目を追加する方法は、リストボックスと同様、Items.Addメソッドで可能です。

sample033-1.jpg
クリックすれば拡大します。


プロパティであらかじめ設定しておくことも可能です。

>>>



続きはこちらから>>


posted by Debring at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | VB2005 コンボボックス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。