2008年06月09日

文字列が、指定の文字列で始まって(終わって)いるかを確認する。

文字列が、指定の文字で始まって(終わって)いるかを確認する方法です。

指定の文字で始まっているかを確認するには、StartsWith()を使用します。

指定の文字で終わっているかを確認するには、EndsWith()を使用します。


>>>


続きはこちらから>>


posted by Debring at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | VB2005 文字列操作

2008年05月24日

文字列の先頭に任意の数の文字を入れる

数値などの先頭に”0”を挿入して表示させたい場合などがあります。

<例>
通し番号などの場合、先頭に”0”を埋めておきたい場合など。

String.PadLeftメソッドを使用します。

String.PadLeftには、2通りの使用方法があります。

1:String.PadLeft(int32)
 int32には、数値を指定します。
 指定された数値の数になるように、文字列の左に空白を挿入します。

2:String.PadLeft(int32,char)
 int32には、数値を指定します。
 指定された数値の数になるように、文字列の左にcharで指定された文字列を挿入します。


今回は、上記の2を利用します。





続きはこちらから>>
タグ:文字列操作
posted by Debring at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | VB2005 文字列操作
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。