2008年06月09日

リストボックスの選択モード

リストボックス内の項目を複数選択する場合は、ListboxのSelectionModeプロパティを変更します。


sample031-1.jpg
クリックすれば拡大します。


>>>


>>>

SelectionModeプロパティは以下の通りです。

None
選択することが出来ないモード。
リストボックス内の項目をクリックしても、選択状態になりません。
また、このモードに設定している場合、フォームをロードする際にSelectedIndexなどで選択する項目を指定すると、エラーになります。

One
デフォルトのモード。
選択できる項目が一つのみのモード。
クリックすれば、クリックしたところが選択状態となり、今まで選択されていた箇所が選択から外れます。

MultiSimple
複数選択できるモード。
クリックすれば、クリックしたところが選択状態となります。
選択された状態を残したまま、次の項目も選択することが出来ます。

MultiExtended
複数選択できるモード。
Oneと同じような動きをしますが、Ctrlキーを押しながらクリックすることで複数選択が出来ます。







posted by Debring at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | VB2005 リストボックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。