2008年05月22日

文字列の連結(文字と文字をくっつける)

”文字列+文字列”といった操作を行う場合の処理です。

文字列として宣言した変数を、”+”でくっつけることも可能です
が、多くの文字列操作を行った場合、時間のかかる処理になってし
まいます。(パフォーマンス低下の原因となります。)

多くの文字列操作を行う場合は、System.Text.StringBuilderを使
用することで、高速処理をすることが可能となります。

文字列操作を行う場合は、System.Text.StringBuilderを使用する
ように癖付けるようにしておいて間違いはないでしょう。




===============================================

以下に2つの例を挙げておきます。


sample004.jpg
クリックすれば拡大します。
Button1をクリックすれば、label1に”はじめてのプログラミング”と表示されます。



<コード>
====================================
<”+”を使用して文字列操作を行う。>

Public Class Form1

  Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

    '文字列の変数を宣言します。
    Dim str1, str2 As String

    'それぞれの変数に文字列を代入します。
    str1 = "はじめての"
    str2 = "プログラミング"

    '変数を+で結合し、label1に表示させます。
    Label1.Text = str1 + str2


  End Sub

End Class

====================================

====================================

<System.Text.StringBuilderを使用する>

Public Class Form1

  Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

    '文字列の変数を宣言します。
    Dim str1, str2, str3 As String

    'System.Text.StringBuilderを使用する準備です。
    Dim sb As New System.Text.StringBuilder

    'それぞれの変数に文字列を代入します。
    str1 = "はじめての"
    str2 = "プログラミング"

    'str3にSystem.Text.StringBuilderを使用して結合結果を代入します。
    sb.Append(str1)
    sb.Append(str2)
    str3 = sb.ToString

    '変数を+で結合し、label1に表示させます。
    Label1.Text = str3

  End Sub

End Class
====================================


コードを見ると、”+”を使う方がすっきりしているようですが、
なにせパフォーマンスが落ちるので、System.Text.StringBuilder
を使用することをオススメします。



posted by Debring at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | VB2005 文字列操作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。