2013年07月09日

JavaRuntimeの自動アップデートをやめようと設定しても反映されない。

WEBを使ったシステムでは、JavaRuntimeが必要な場合が多くあります。

たとえば電子入札システムなど。
特定のJavaRuntimeのバージョンでないと動作しないので、自動でアップデートされると使えなくなるんです。
で、JavaRuntimeの自動アップデートをやめようと、コントロールパネルから設定を変更しても、反映されていないんです。。。。

何度設定変更して、適用させても、起動させると同じ状態に。。。。

何故だ?

>>>


>>>
解決方法は以下のページにきちんと記載されていました。

Javaコントロール・パネルでJava更新設定が保存されないのはなぜですか。

基本、WindowsVista、7では、コマンドプロンプトで管理者として実行させてから設定変更をしなくてはならないようですね。。。。。

わからんて。


posted by Debring at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。