2013年03月01日

スクリプトを利用して、メールを送信する。(SmtpAuth)

何らかのアクションがあったとき、メールを送信したい場合があります。
サーバなどを管理していて、たとえばサーバが再起動したときなど、タスクスケジューラを利用して、起動時にメール送信したりなど。。。。

メール送信のみのツールなどを利用することもできるでしょうが、簡単にスクリプトを使って、メール送信させてみます。

まぁ、今回この記事を書いているのは、私が管理しているサーバが再起動した際など、何とかしてそれを知りたいと思ったからなのですが、もっと良い方法もあるかもしれません。。。。

>>>


続きはこちらから>>>

スクリプトは以下の通り。
ただし、行先頭の数字は、必要ありません。

--------------------------------------------------------------------------------
1 set oMail = CreateObject("CDO.Message")
2 oMail.From = "メールアドレス"
3 oMail.To = "送信先メールアドレス"
4 oMail.Subject = "メールの件名 "
5 oMail.TextBody = "メールの内容"
6 oMail.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusing") = 2
7 oMail.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpconnectiontimeout") = 30
8 oMail.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserver") = "送信メールサーバ"
9 oMail.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserverport") = 587
10 oMail.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpauthenticate") = true
11 oMail.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusername") = "Smtp認証のID"
12 oMail.Configuration.Fields.Item("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendpassword") = "Smtp認証のパスワード"
13 oMail.Configuration.Fields.Update
14 oMail.Send
--------------------------------------------------------------------------------
送信メールサーバが、Port587を利用していて、Smtp認証(SmtpAuth)を利用している場合、上記のようにそれぞれ指定する必要があります。
例えば、YahooメールやGメールなどだと、Smtp認証が必要となりますよね。

タスクスケジューラを利用して、起動時に上記スクリプトが走るように設定すれば、メールを自動で送信してくれます。

ご参考に。。。。


posted by Debring at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル対応日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。