2008年11月27日

ASP.NET 作成したWEBアプリをIISに配置しても、「ページが見つかりません」とエラーになる。

 ASP.NETで作成したWEBアプリケーションを、IISに配置させて実際に稼動させたとき、「WEBページが見つかりません」とエラー表示されることがあります。

 実際のエラーは以下の通り。

-----------------------------------------------------

ページが見つかりません
検索中のページは、削除されたか、名前が変更されたか、または一時的に利用できない可能性があります。
-----------------------------------------------------
対処方法

ブラウザのアドレス バーに表示された Web サイト アドレスの綴りと形式が正しいことを確認してください。
リンクをクリックしてこのページに到達した場合は、Web サイトの管理者に連絡して、リンクの形式が正しくないことを通知してください。
別のリンクへアクセスするには、[戻る] をクリックしてください。
HTTP エラー 404 - ファイルまたはディレクトリが見つかりません。
インターネット インフォメーション サービス (IIS)

-----------------------------------------------------

 IISで仮想ディレクトリを設定し、そこにASP.NETで作成したWEBアプリケーションを配置させ、パソコンのブラウザからWEBアプリケーションを開こうとアドレスを入力しても、上記内容のエラーが表示されます。

 IISにきちんとASP.NETがインストールされていない場合も、WEBアプリケーションが動作しない場合もあります。↓

ASP.NET 作成したASP.NETをIISで稼動させようとしたら、「メタベースにアクセスできませんでした。」と表示される。

 今回の場合は、IISにASP.NETもきちんと登録されており、仮想ディレクトリもちゃんと設定されている上、指定したディレクトリにもASPXファイルがある場合です。

 何が起こっているのでしょうか。。。。。

>>>




転職エージェント

>>>
 私が使用している環境は、WindowsServer2003R2 SP2です。
 IISはIIS6を使用しています。

 私もこの現象をはじめて経験したときはあせりました。
 きちんとファイルはあるのに、存在しないかのような表示。

 何故だ?と考え込んだのですが、意外と簡単なところだったんですねぇ。

 IISマネージャを開いたとき、「Webサービス拡張」と言う項目があります。

 そちらを確認すると、右画面に「ASP.NET」と言う項目があります。

<図>
AspNetsample015-1.jpg

 そこが「禁止」になっていると、どうあがいてもASP.NETが稼動しないんですねぇ。
 使用するASP.NETのFrameworkのバージョンに対応する項目を選択し、「許可」をクリックすることで、今回のエラーは解消されます。
<図>
AspNetsample015-2.jpg

 IISのセキュリティを高めるためにも、このような項目があるのでしょうが、ちょっとはまってしまう現象ではないでしょうか。


検出率No.1・PC軽快さNo.1のウイルス対策ソフト



posted by Debring at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET IIS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。