2008年10月14日

ASP.NETで別Windowを開く。

 通常のWindowsフォームでアプリケーション開発をしていると、別Windowを開いて、何かしらアクションをさせることがあります。

 ASP.NETでは、別Windowを開くというのには、ちょっとした工夫が必要となってきます。

 基本的にASP.NETでのページ遷移は、一つのWindow内で行われるんですが、使用者からすれば別Windowで開く方がいい場合があります。

 ダイアログボックスを表示させるだけでなく、何かしらのデータを入力させるような画面を表示させたいことも多いはず。

 「ASP.NET ボタンをクリックして確認ダイアログを表示させる。」では、単にダイアログボックスを表示させるだけでした。

 今回は完全に別窓を開く方法です。

>>>


>>>

ボタンを配置させ、そのボタンの「OnClientClick」プロパティに次を入力します。

==========================================
window.open("test.aspx","test","width=200,height=300");
==========================================

この例では、幅200px、高さ300pxの別窓が開きます。
ツールバーなど、まったく表示されない状態で開きます。
単に「window.open("test.aspx")」と入力することも可能です。

別窓での操作で、色々と表現をつけるのもいいでしょうね。



posted by Debring at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET Window
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。